大人の水泳教室

クロールの息継ぎで下半身が沈みやすい理由と息継ぎの4つのポイント

更新日:

初心者のかたはクロールで息継ぎするときにボディポジションが低くなりやすいです。

呼吸さえできれば体力が尽きるまで30分でも1時間でも泳いでいられるので、頭を水面よりかなり高く出して、下半身が沈んだまま泳いでしまう傾向があります。

大原則として、人間の体は肺に空気が沢山あるため、呼吸をするために頭をあげれば足側が沈みます。

そのため、頭を水面より上に出しすぎないのがコツです。

頭を水面より上に出しすぎない4つのポイント

1.水面から口が出る分だけ頭を傾ける。

顔を上げる時に天井を向きません。息継ぎしてる時の目線の高さ目線はプールサイドから床の間です。

頭を水面より上に出せば下半身が沈みます。息を吸っている最中も下側の目(左呼吸なら右目)は水面より下にあります。

2.水中で息を吐き、顔を上げたときに口を開けて息を吸う。

水中で息を止めてしまう人が多い。顔を上げたときに息を吐く&息を吸うと下半身が沈みがち。

3.息継ぎ後はすぐにプールの底に目線を戻します。

水面より上に顔が出ている時間が長ければ、頭の位置が高くて下半身が沈んでしまいます。

プールの底に目線を戻すことで頭の位置が低くなり、下半身の位置が高くなります。

4.身体を傾けすぎない

クロールはローリングという技術で左右に身体を傾けますが、呼吸のときも傾けすぎないのがコツです。傾けすぎると身体が沈みやすいので、息を吸うために頭を水面から出そうとし、下半身が沈みやすくなります。

【クロールの息継ぎで体が沈んで遅くなるスパイラル】
息を吸う時に体を傾けすぎて体全体が沈む
⇒息を吸うために頭を水面から出す
⇒重心が足側に移動するので下半身が沈む
⇒抵抗が大きくなって進まない




-大人の水泳教室

Copyright© スイムリレードットコム , 2021 All Rights Reserved.