大人の水泳教室

大人になって水泳はじめた人は肩が固いからストリームラインを組みにくくて蹴伸びが上手くならないのではという仮説

投稿日:

ストリームラインを組むだけで体への負担が大きすぎるのでは

肩関節の可動域が狭いと、
・耳の後ろで手を組む
・耳の横で手を組む
この動作が厳しい。身体への負担が大きいため腰回りに影響がでてしまう。

肩がきついから腰が下がる
→腰が下がるから股関節から下が抵抗を受ける
→抵抗を少なくするために手を上げたけど結果的に抵抗が増える

ストリームラインが組めないのは子供の頃から水泳をやっている人にはわかりにくい感覚なのでは?

陸上で肩回りのストレッチをしたうえで、さらに毎日のプール練習で肩回りのストレッチをしている選手は肩の固さがわかりにくいかも。

子供の頃からやっている人>>(越えられない壁)>>20代ではじめた人>>(越えられない壁)>>40代以降ではじめたひと

根本的な解決方法はストレッチ

根本的な解決方法はストレッチに時間を費やして可動域を広げること。蹴伸び≒ストリームラインの練習そのものがストレッチになる。

肩関節を選手並みに柔らかくする考えは捨てる

子供のころからやってる人達は体の柔軟性が別次元なので、今の柔軟性でどこまでできるかを考えていくのが大切。
正解の姿勢=やらなきゃいけないではない。できるかどうかは別問題で、できる範囲で探していく。

理想は手の甲の上に手の平を重ねる一般的な組み方。
→親指だけを組む蝶々の形でOK。
→親指を組むのも厳しければ万歳の姿勢でOK。

そもそも「蹴伸びとは?」という言葉の定義

壁を蹴って伸びるから蹴伸び(けのび)とする説に立つ

・浮き身(水に浮く練習、姿勢+キック)
・ストリームライン(水の抵抗を避ける練習)
・蹴伸び=浮き身+ストリームライン

けのびの練習をするときは、浮き身とストリームラインを分けて考えるのが大切。けのびの指導をする時に、浮き身とストリームラインを一緒にしてしまうノウハウそのものに指導の落とし穴があるのではないか。

-大人の水泳教室

Copyright© スイムリレードットコム , 2020 All Rights Reserved.