水泳用品

トップスイマーも愛用!VIEW Bladeを使っている選手一覧とモデルの特徴

投稿日:

Bladeは株式会社タバタが販売している競泳向けレーシングゴーグルです。

2004年のアテネ五輪前に発売され、競泳トップスイマーに支持されてシェアを拡大してきました。2016年のリオデジャネイロ五輪では出場選手34名中で13名が着用していました。

Blade/Blade Zeroの取り扱いショップはこちら

リオデジャネイロ五輪でVIEW/Bladeを装着していた代表選手一覧

【男子選手】

  • 長谷川純也(V121MR)
  • 渡辺一平(V121MR)
  • 坂井聖人(V121MR)
  • 中村克(V127MR)

【女子選手】

  • 池江璃花子(V121MR)
  • 渡辺香生子(V127MR)
  • 青木智美(V127MR)
  • 今井月(V127MR)
  • 酒井夏海(V127MR)
  • 内田美希(V127MR)
  • 松本弥生(V127MR)
  • 山口美咲(V127MR)
  • 金藤理絵(V127MR)

※V127MRはBlade Zero、V121MRは通常のBladeです。

特に女性選手の装着率が高く、17名中9名が装着していました。(100m×4フリーリレーに出場した選手は4名ともBlade Zeroです。)

池江璃花子選手は水着はミズノですが、ゴーグルはVIEWです。ゴーグルは骨格によって合う合わないがあるため、スポンサー契約や所属企業に関わらず自由に選んでよい慣習があるそうです。

池江璃花子選手はBlade Zeroではなく通常のBladeです。

BladeとBlade ZEROの違いはサイドアーム

ストラップの穴をレンズから無くして、更なる低抵抗化を突き詰めたのがとBlade ZEROです。ストラップを通して折り返すための「サイドアーム」をレンズに直接取り付けた形状にしています。

サイドアームはより顔に食い込みやすい構造となっており、ブレの少なさからゴーグルが顔の一部になっているような感覚があります。

なお、代表選手の中でもBlade(V121MR)を使う選手とBlade ZERO(V127MR)を使う選手がいます。筆者はV121の型のほうがしっくりくるので、どちらも試してみるのをお勧めします。

低抵抗形状だからゴーグルがズレにくいメリットも

Bladeはレーシングゴーグルなので、1/100秒を競う選手のために開発されました。

「タイムを1/100秒でも縮めるため」が強調されがちですが、抵抗が低いので『スタート時・ターン時のゴーグルずれが起こりにくい』のもメリットの一つです。

飛び込んだらゴーグルがズレて水没してしまい、ターンやゴールタッチで失敗してしまうのはよくありますよね。

「1/100秒縮めるよりもやることあるよ」「飛び込みでゴーグルが水没するのがちょっと怖い…」と考えているスイマーの方にもおすすめです。

VIEW Blade/Blade Zeroの取り扱いショップはこちら

Blade

Blade ZERO(サイドアーム付きモデル)

Blade ORCA(クッション付きモデル)

-水泳用品

Copyright© スイムリレードットコム , 2019 All Rights Reserved.